FC2ブログ
メールフォーム全記事一覧twitterHOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト創作  »  男「海に行きたい」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Head Line(*´∀`) <移転しましたお
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:27:46.12 ID:zOboq8WN0

女「はあ」

男「うん」

女「今何月か知ってる?」

男「ああ、11月も終わりだな」

女「なんで夏にいわないの」

男「言い出すきっかけが無かったというか」

女「はあ・・・」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:31:49.72 ID:zOboq8WN0

女「なんで行きたいの」

男「海が見たいんだ」

女「へえ」

男「うん」

女「ま、いいけどさ」

男「お、いいのか」

女「でも、水着は着ないからね」

男「あ、ああ。そんなの、わかってるよ」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:40:03.24 ID:zOboq8WN0

女「水着姿が見たいとか、そういうのじゃないの」

男「まあ、少しは見たいと思うけど」

女「だったら温水プールでも行こうか」

男「いや、海がいいんだ」

女「ああ、そう」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:42:41.33 ID:zOboq8WN0

男「というか、見たことなかったっけ」

女「まあ、中学のスクール水着とかならあったかもね」

男「ああ、だめだ。そんなの違う」

女「そうなの。そういうのが好きな人もいるって聞くけど」

男「俺は、違うよ」

女「そう。なら、よかった」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:47:30.49 ID:zOboq8WN0

女「なんならここで見せてあげようか。水着」

男「は、いいのか」

女「あー、やっぱりだめだね」

男「どうして」

女「家まで水着を取りに行くのが面倒、というか、やっぱり夏がいいよ」

男「そうか・・・。なら我慢するよ」

女「うん。楽しみに、ね」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:54:06.23 ID:zOboq8WN0

男「で、海に行くけど」

女「まあ、いいんだけど。寒いよ」

男「そう、だな。ま、ちょっとつきあってくれよ」

女「第一何をしに行くの。泳げないんじゃ、どうしようもないよ」

男「天体観測みたいな、そんな気分」

女「雲が出てると星、見られないよ」

男「ま、そうなんだけどさ・・・」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 02:57:19.29 ID:zOboq8WN0

男「たまに無性に海が見たくなることってないか」

女「わたしが生きてるうちは、まだ」

男「そうか・・・。そんな気分なんだよ」

女「わかったよ。行くよ」

男「そう。よかった」

女「誰も行かないとは、云ってないしね」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:02:03.80 ID:zOboq8WN0

男「行くにあたって、あの人を呼んでもいいか」

女「あの人って、だれ」

男「ほら、あの人だよ」

女「・・・ああ、ハルさんね」

男「そうそう」

女「ちゃんと名前で呼んであげれば?」

男「いいんだよ。あの人は」



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:06:29.46 ID:zOboq8WN0

女「でも、あの人とかこの人、じゃわからないよ」

男「わかったじゃん」

女「そうなんだけど。可哀相じゃない」

男「いいよ。それにあの人、ハルさんって呼び名、あんまり好きじゃないみたいだしさ」

女「ああ、そうなの」

男「うん」

女「でも、ハルって、本名じゃない」

男「まあ、そうだな」



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:11:44.06 ID:zOboq8WN0

女「変なあだ名を嫌うのはわかるけどさ」

男「本名が嫌いなんだろ。おばあさんみたいだって」

女「そうかな。かわいいと思うけど」

男「まあ、いい名前だよ」

女「それにハルさんはハルさんであって、本人がどう思ってるかなんて、わたしには関係ないよ」

男「なんかひどいこと言ってる気がするな」

女「もちろん悪口とかはだめだよ。でも好意をもったあだ名は受け止めてほしいな」

男「うん。云っておくよ」

女「うん」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:15:00.19 ID:zOboq8WN0

男「で、いいの。あの人は」

女「もちろん。でも、どうして?」

男「ほら、車とか」

女「ああ。いい加減免許とったら?」

男「免許とっても車がないだろ」

女「借りればいいじゃない。ハルさんにでも」

男「事故ったら殺されそうだから、いいよ」

女「まあ、大事そうにしてるもんね。車」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:23:17.34 ID:zOboq8WN0

男「じゃあ、明日。海に行くから」

女「うん。楽しみに、してるね」

男「ああ。まあ、わかった」

女「じゃあ、もう帰るよ。遅いから」

男「送っていかなくて、いいのか」

女「いいよ。そんな子ども扱いしなくても。近いからさ」

男「ああ。じゃあ、また」

女「バイバイ」



男「よし。あの人にメールするか」

男『明日、予定通り海へ。車おねがい』

晴『了解』

 



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:25:53.09 ID:zOboq8WN0

翌日

女「寒いよ」

男「ああ」

女「すごく」

男「うん。そうだな」

女「ほんとに行くの」

男「行く。あの人にもそう云っちゃったから」

女「ああ、なんかやる気すごそう」

男「多分。暇だからな、あの人」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:33:19.46 ID:zOboq8WN0

男「あ、来たきた」

晴「ふう。お待たせ」

女「ハルさん、おはよう」

晴「おはよ。女ちゃん」

男「どうも」

晴「相変わらずそっけない男だね」

女「そうなの。なんとか云ってあげてよ」

晴「ま、それはもう、知ってるから」

男「ああ。助かります」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:39:10.64 ID:zOboq8WN0

晴『海に行く目的は、知らない振りでOkay?』

男『うん。そうしてもらえると、助かる』



晴「どうしてこんな寒い時期に海なんて行きたいかな」

男「まあ、気分だよ。気分」

晴「君の気分に振り回されるこっちの身にもなってよ。ねえ」

女「そうそう」

男「まあまあ。感謝してるよ」

晴「もっと態度で表してほしいね」

女「うん」

男「今度何かで返すから」

女「なに」

男「ファミチキ」

女「わたしは小学生なの・・・?」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:44:36.22 ID:zOboq8WN0

晴「私はLチキがいいね」

女「え、そこ?」

男「それは助かる。安いからな」

女「ちょっとちょっと。もっと違うことにして」

晴「日々生活苦に悩まされる私としては、Lチキでもすごくありがたい」

女「ハルさんにはわたしがLチキ買ってあげるから・・・」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:49:48.60 ID:zOboq8WN0

晴「まあ、冗談は置いておいてね」

女「ああ、冗談だったの」

晴「女ちゃんにはもっと優しくしてあげないと。逃げられちゃうよ?」

男「ククク、お前が俺から逃げられるかな・・・」

女「なによ、それ。いつだって逃げてあげるから」

晴「だって」

男「マジか・・・」

女「嘘よ、うそ。真に受けないで」



24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 03:55:37.92 ID:zOboq8WN0

晴「ええと。古賀浜でいいの」

男「ああ」

晴「まあ、他はどこも汚いからね。見るならあそこがいいよ」

女「なに、ハルさん。詳しいの」

晴「まあ、人並みには」

男「そう、何事も人並みを出ないんだ、この人は」

晴「女ちゃん、逃げた方がいいよ」

女「うん。意地悪だよね」

男「嘘だって。目には見えないものを持ってるよ、ハルさんは」

晴「その言い方もなんだか嫌な感じ・・・」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:14:15.33 ID:zOboq8WN0

女「なんか、わくわくするね。なんだか」

晴「そう?」

女「うん。この人、出不精だから」

晴「男くん。もっと女ちゃんを色んなところに連れてってあげてね」

男「例えば、どこ」

晴「いつものところ、とか」

女「ハルさん。それ、ラブホテル・・・」

男「さすがの俺も反応に困るな」

晴「いいじゃない。一発やってきなさいよ」

女「はあ。大人ってこんななのかしら」



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:17:42.03 ID:zOboq8WN0

晴「はは。冗談じょうだん」

男「けっこう色々行ってるじゃん」

女「そう?」

男「映画なんて月一ペースじゃないか」

女「それは、わたしが好きだから」

晴「あ、私も行きたい」

女「今度ハルさんも、行こうね」

男「せめて上映中は黙ってて」

晴「それくらいわかってるってば」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:21:51.52 ID:zOboq8WN0

晴「映画かぁ」

女「ハルさんは、どんな映画が好きなの?」

晴「私は、サスペンスだね」

女「あ、わたしもわたしも」

晴「マイケル・クレイトンがマイフェイバリット」

女「あれは少し難しいかな」

男「俺はアクションがいいんだけどな」

晴「ふっ。ガキだな」

男「なんだと・・・」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:31:20.05 ID:zOboq8WN0

晴「私なんてアクション映画は高1で卒業したね」

男「アクションじゃないと映画館で観る意味ない」

晴「はあ、わかってないね。映画はね、雰囲気なの。音響や映像はその次なのよ」

男「ふざけろ。こちとら金払ってるんだぞ」

女「あー、もうどっちでもいいよ」

晴「映画館を出た後に景色が変わってるのがいいの」

女「それは、わかる」

男「この影響されやすい女ども。どうせあの小説だろう」

晴「くっ、ばれたか」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:34:18.02 ID:zOboq8WN0

女「もういいよ。この話は」

晴「あら、それじゃあどこにも連れてってもらえないわよ?」

女「全然関係ないじゃない」

晴「とにかく映画に行くときは私の意見も加味してね」

男「それじゃあ、あなたとは行けないな」

晴「けちな男ね」

男「何とでもいいなさい」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:39:50.36 ID:zOboq8WN0

女「本当に次はどうしようか」

晴「天体観測とかいいんじゃない」

男「おっ。わかるな」

晴「あのアニメに影響されたでしょ」

男「な、知ってたか」

晴「あんなこと言って、男くんもそんなものか」

男「いいだろ、別に何に影響されたって」

晴「もちろん。だから私たちもいいんだよ。ねえ」

女「うんうん」

男「わかったわかった」



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:43:28.85 ID:zOboq8WN0

それで、海

女「わぁ、海だね」

晴「なんだかんだいって、うれしそうじゃない」

女「まあね。男の家より、いいよ」

男「おい。なんだその言い草」

女「ふふ」

晴「もっと近くで見てきたら?」

女「うん。そうする」



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:46:17.44 ID:zOboq8WN0

男「今日はありがとな」

晴「うん。まあ、あなたたちのためなら、一肌脱ぐよ」

男「ああ」

晴「それにしてもいい子をつかまえたね」

男「ああ。いい、女だろ」

晴「うん。いい、子だね」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:51:34.32 ID:zOboq8WN0

晴「あなたたちを最初に見たときから、くっつくだろうって思ってたもの」

男「そう?」

晴「うん。そう。歳は少し違ったけどね」

男「そうだな」

晴「仲がいいのが目にとれたから」

男「そんなに仲良くしてた?」

晴「してたしてた。兄妹かと思ったよ」

男「それは仲がいい代名詞?」

晴「うん。違うね。どちらかといえば夫婦みたいというか。これは言い過ぎだね」

男「言い過ぎだよ」

晴「ふふ」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:55:39.40 ID:zOboq8WN0

男「今日さ、ノープランなんだ」

晴「ノープラン?」

男「そう」

晴「それは、困ったね」

男「だから、呼んだんだけど」

晴「前以て云ってくれないと」

男「悪い」

晴「まあ、そうだと思って手は打ってあるから」

男「へえ、さすが」

晴「だから安心して。ほら、女ちゃんのところへ行ってあげなよ」

男「ああ、そうする」

晴「うん。楽しんで」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 04:59:57.76 ID:zOboq8WN0

女「ほら、水が冷たい」

男「いいよ。ほんとに冷たいから」

女「ハルさんと何を話してたの?」

男「ん、まあ、ちょっと」

女「ちょっと」

男「うん」

女「わたしを棄てて、ハルさんに乗り換えるか」

男「そんなわけ、ないだろ」

女「冗談」

男「あの人はそれに、ほら。わけありだから」

女「うん。そうっぽいよね」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:12:32.36 ID:zOboq8WN0

女「あの人とさ、知り合いだったの」

男「なんで?」

女「わたしが初めて会った時からなんか、雰囲気出来てたよ」

男「うーん。ま、偶然だな」

女「そう?」

男「馬が合うというか。話し相手としてな」

女「うん。別に心配してないよ」

男「そっか」



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:16:16.79 ID:zOboq8WN0

女「今日はさ」

男「ん?」

女「なんで海に行こうなんて云ってくれたの」

男「だから海が見たいんだって、いったろ」

女「でもさっきから海、見てないし」

男「う」

女「なんかあるんでしょう」

男「ないない。ほんとに」

女「ふうん」



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:23:41.55 ID:zOboq8WN0

女「今日さ、わたしの誕生日なんだ。知ってた?」

男「それは、もちろん」

女「だからどうってことないけど」

男「うん」

女「あなたの誕生日にも、特に何もしてあげられなかったからね」

男「してくれたじゃん」

女「そうだったかしら」

男「裸セーター」

女「ああ、あれは、忘れて・・・」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:26:34.87 ID:zOboq8WN0

男「あれは、すごかったよ」

女「ハルさんがいうから、窮して」

男「俺、捕まるんじゃないかと思った」

女「まあ、あれで喜んでくれるなら、いつでもしてあげるよ」

男「じゃあ、今日も頼む」

女「それはイヤ」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:31:35.10 ID:zOboq8WN0

男「そうなんだ。お前の誕生日だから、海に」

女「それを隠そうとするのも変だけどね」

男「なんか大したことなくて、悪いな」

女「ううん。すごく、楽しい。ハルさんもいるし」

男「海が好きって前に云ってたからさ」

女「まあ、夏の、だけどね」

男「そうだよな。まあ、勘弁してくれよ」

女「もちろん。いいプレゼントだよ」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:35:48.22 ID:zOboq8WN0

男「何か買ってあげるにしても、わからなかったから」

女「うん。別にほしいものなんて、ないから」

男「だろうな」

女「ハードボイラーと呼んで」

男「それってさ、なんか変だよな。英語として」

女「語呂がいいからいいの」

男「それには同意するよ」

女「どうも」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:39:42.35 ID:zOboq8WN0

女「寒いよ」

男「ああ。そうだな」

女「すごくね、寒い」

男「うん」

女「波、すごいよ」

男「ああ、すごいな」

女「魚ってさ、可哀相だよね」

男「どうして?」

女「この景色を、見られないからさ」

男「ああ、うん」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:45:41.81 ID:zOboq8WN0

女「ハルさんハルさん」コンコン

晴「あれ、もう終わり?」

女「外は寒いよ。すごい暖房だね」

晴「寒いからね」

女「おなか減ったと思って」

晴「ああ。じゃあ、なんか食べに行こうか」

男「俺、ラーメン」

晴「はいはい、奢ってあげますよ。女ちゃんは、ラーメンでいい?」

女「うん。お願いします」

晴「うん。じゃあ、乗ってのって」



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:47:51.77 ID:zOboq8WN0

女「この後はさ、どうするの」

晴「もう一度、海へ」

女「ええ、また?」

晴「私、よく見てないし」

女「さっき見ればよかったのに」

晴「なんかお二人、邪魔しちゃいけないと思って」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:53:10.62 ID:zOboq8WN0

女「別に、よかったのに。ねえ」

男「いや、よくない。あれを邪魔されちゃあ、もう」

女「はあ」

晴「なんかすごく卑猥な匂いがするね」

女「ラーメンの匂いでしょう。店員さんが見てるよ」

晴「二人にさ、見てほしい浜があるから」

男「そうそう」

女「そういうことなら、いいんだけど・・・」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 05:56:57.87 ID:zOboq8WN0

晴「このラーメン、ちょっと濃いね」

男「そうか?こんなもんだろ」

晴「なんというか、色んなものをぶち込んだ感じがするね」

女「ハルさん。聞こえるってば」

男「この脂っぽい感じがいいんだろ」

晴「レディーにはちときついね」

男「へえ、レディー」

晴「そうよ。悪い?」

男「別に。考えたら、ぎりぎり大丈夫だった」



50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 06:02:48.86 ID:zOboq8WN0

男「俺はラーメン屋はチャーハンで決めるから」

晴「ほう。じゃあ、持論をどうぞ」

男「チャーハンがうまいところはラーメンもうまい」

晴「それってさ、ラーメンがうまいからチャーハンがうまいんじゃないの」

男「いいや、違うな。全然違う」

晴「ふうん」



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 06:10:05.12 ID:zOboq8WN0

男「チャーハンというのは料理の基本だ。君も男なら知っているだろう」

晴「いや、私女だし」

女「男のチャーハンは、おいしいよね。ちょっと硬いけど」

晴「女ちゃんがいうなら、マジか」

男「マジだ。つまりチャーハンがうまいというのは、基礎がしっかりしているということだ」

晴「少し早計な気がするけど」

女「まあ、思い込みの激しい性格だから」

晴「三つも年下の女の子に云われちゃったよ。どうする?」

男「俺はそんなの、まったく気にしない」

晴「その根性は、私も見習うわ」



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 13:56:46.36 ID:zOboq8WN0



晴「さっきぎりぎり大丈夫っていったけど」

男「ずいぶん戻ったな」

晴「それってさ、私となら寝られるってこと?」

男「まあ」

女「彼女が眼前にいます」

男「嘘うそ」

晴「まったくかわいいんだから。もう」

女「あの、バカにしないで」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:00:33.77 ID:zOboq8WN0

晴「それはね、節度はあるよ」

女「その節度、あなたの5パーセント」

晴「はは、ばれた?」

女「まったくもう」

男「俺はこんなおばん、相手にしないよ」

晴「あら、私がいくつか知ってるの」

男「29」

晴「わかって云ってるでしょ・・・」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:03:40.02 ID:zOboq8WN0

女「ほんとうはいくつだっけ」

晴「22です」

男「なんかすごく嘘臭く聞こえるのは、なんでだろう」

晴「あなたのせいよ」

女「22だったら、まだぴちぴちだよねえ」

男「ふっ、甘いな」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:09:21.08 ID:zOboq8WN0

男「ネットの世界では女の寿命は16、いって17までだ」

晴「な・・・に?」

女「いや、それロリコンでしょ」

男「ロリコンだとこれがもっと下がる」

晴「ということは旦那、そこの女子もそろそろ取って喰わねばならないのでは」

男「そうだ。もって来年だな」

女「本人を前にいわないでもらえますか。すごく、傷つく・・・」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:15:33.29 ID:zOboq8WN0

女「というか、取って喰うとか、やめて」

男「元はといえばあなたの話だろうが」

晴「ソーリーソーリー」

男「でも、そろそろかな」

女「人に旬なんてありません」

晴「もう腐ってきてたりして」

女「もう。店員が見てるよ。終ったなら、出ようよ」

晴「はいはい」

男「ああ、あなたはもう腐ってるからな」

晴「いわなくていいわよ、ばか」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:23:08.06 ID:zOboq8WN0



晴「ほんとは夕方に見るのがいいんだけど、ちょっと早いね」

男「寒いから、待てないよ」

晴「いいよ。別に大した違いじゃないし」

女「どうせなら、そっちの方が。ねえ」

晴「私も寒い中、待つのいやだわ」

女「この集団には情緒が足りてない気がするわ」

男「まあ、女がそっちの方がいいというなら、そうする」

女「あれ、めずらしい」

男「今日はお前の誕生日だし」

晴「ひゅーひゅー」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:27:20.42 ID:zOboq8WN0



晴「じゃあ、車の中で寝て、待つとします」

男「暖房つけられないじゃん」

晴「それくらい我慢して」

女「なんかキャンプみたいで、楽しいよ」

晴「はっ、野獣に襲われるっ」

男「お断りします」

晴「乗りが悪いね」

男「あなたに乗りたくないから」

女「ちゃっかり乗ってるじゃないの・・・」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:35:32.54 ID:zOboq8WN0

数時間後

女「起きて、ハルさん。起きて」

晴「はっ、何時?」

女「もう日が沈みかけてるよ。というか、涎出てる」

晴「はあ、危ないあぶない。男くん起こして」

女「ほら、男。起きて」

男「ん。ああ、よく寝たな」

晴「あなたのために一肌脱いでるのに」

女「ほら、夕日。綺麗だよ」

男「ああ。ほんとだな・・・」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:43:09.60 ID:zOboq8WN0

晴「じゃあ、若い二人で行ってらっしゃい」

女「ハルさんも行こうよ」

晴「ええ。寒いもん」

男「俺、ちょっと待ってるから、二人で行って来たら?」

女「それも、いいね」

晴「いいの」

男「まだ夕日が沈むまで時間あるだろ」

晴「じゃ、行ってくるね」

男「行ってらっしゃい」

晴「さあ、女ちゃん。夕日に向かってダッシュするんだ」

女「走るの疲れるから、いやだ」

男「なんだか、姉妹みたい」



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:50:07.59 ID:zOboq8WN0

女「日、暮れちゃったね」

晴「はあ。これはなんというミスを。男くんと女ちゃんで楽しんでほしかったのに」

女「多分あの人、夕日とか興味ないから、いいよ」

晴「そうかしら。天体観測とか臭いこと云ってたけど」

女「一過性だから」

晴「ごめんね。女ちゃん」

女「別に、いいよ。ハルさんと見られて、よかった」

晴「うれしいこと、云ってくれるね」

女「ふふ」



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 14:54:52.08 ID:zOboq8WN0

女「ハルさんってさ、何者なの?」

晴「それ、どういう意味?」

女「突然引っ越してきて」

晴「まあ、さすらいのカウガールってとこかな」

女「面白くない」

晴「あはは。だよね」



78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 15:00:02.37 ID:zOboq8WN0

晴「別に、ただあそこに引っ越して、住んでるだけだよ」

女「ほんとに?」

晴「逆にどうして、そう思うのか知りたいわ」

女「だってなんか、云って悪いけど、初めからすごく慣れなれしかったというか」

晴「ずいぶんストレートにいうね」

女「うん」

晴「それは、あれだよ。馬があったんだよ」

女「男もそういってた」

晴「奇遇ね」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 15:13:05.58 ID:zOboq8WN0

晴「ほんとうに、何もないよ。ただそういう、巡り合わせってやつ」

女「まあ、いいんだけどね。知り合えて、よかったから」

晴「うん。ありがと」

女「でも、下ネタが多いよ」

晴「ごめん。それは、善処するよ」



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 16:43:16.99 ID:zOboq8WN0



晴「こういうところにいるとさ、なんか話題がいつもと変わってくるよね」

女「いつも、どんな会話をしてたかしら」

晴「基本男くんの愚痴だね」

女「ふふ。別にいつものような下らないことでも、いいんだよ?」

晴「いいよ。たまには私の謎の過去について、話してもいいんじゃない」

女「だって、巡り合わせなんでしょう」

晴「まあ、そう思ってもらえると、助かるけどね」

女「はあ」

晴「ああ。嘘うそ」



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 16:55:50.45 ID:zOboq8WN0

晴「人ってさ、思ってることの一割も話せてないと思うよ」

女「ふふ。まじめな話」

晴「まあね。だから、たまにこうして話すのが大切なんだと思うよ」

女「うん」

晴「私は友達が少ないから、特にね」

女「うそ」

晴「まあ、どうだろうね」



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 16:59:54.52 ID:zOboq8WN0

晴「ほら、月が昇ってるよ」

女「海岸と、反対側だけどね」

晴「そろそろ男くんと交代しようかな」

女「別に、ハルさんもいて。ね?」

晴「ああ、うん。特に何も考えは、ないよ」

女「私の誕生日なんだって」

晴「まるで他人事だね」

女「歳をとるのは、嫌いだから」




84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:04:40.18 ID:zOboq8WN0

晴「じゃあ、男くん、呼んでくるから。待ってて」

女「うん」



晴「男くん、行こうよ」

男「ああ。大分待ったよ。日も暮れたし」

晴「ほら、これ持って」

男「なに、これ」

晴「ほら」

男「うわ。なんでこんなもん、持ってるの」

晴「私に任せてって云ったでしょう」

男「どうしたの、これ」

晴「あなたのお兄さんに、ね」

男「いいの」

晴「まあ、もう使わないでしょう」



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:07:49.06 ID:zOboq8WN0

男「悪いよ」

晴「いいってば。それにあげるわけじゃないよ」

男「は?」

晴「返してね。もちろん、違うもので代えても、いいよ」

男「ああ・・・。うん」

晴「じゃあ、ほら。行ってきなさい」

男「恩に着るよ」

晴「ふふ。この恩、忘れないでね」



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:11:15.16 ID:zOboq8WN0

男「お待たせ」

晴「どうも」

女「うん」

晴「でも、日も暮れたし、面白くないね」

女「おまけに、寒いよ」

晴「寒いが口癖みたいだね」

女「だって、ほんとうに寒いもの」



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:13:49.73 ID:zOboq8WN0

女「でも、夜の海岸、わくわくするよ」

晴「うん、そうだね」

女「どうしたの男。黙りこくって」

男「ああ、いや」

女「なによ」

晴「男くんはね、女ちゃんに云いたいことがあるんだよね」

男「ああ、うん」

女「へえ」



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:16:08.57 ID:zOboq8WN0

女「誕生日おめでとう、とかだったら、もう間に合ってるよ」

男「いや、違うんだ」

女「じゃあ、何よ」

晴「男くん、頑張って」

男「うん・・・」



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:18:55.49 ID:zOboq8WN0

男「まずこれを受け取って」

女「なに。この、小さな桐の箱」

男「ああ、まだ開けるな」

女「あ、うん」

晴「男くん、頑張ってー」

男「うるさい。少し黙って」

晴「はい・・・」



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 17:24:53.29 ID:zOboq8WN0

男「お前がさ、俺の家の向かいに住んでいなかったら」

女「どうしたの、急に」

男「どうなったんだろうなって」

女「さあ・・・。わからない」

男「会いもできなかったんじゃないかって」

女「ああ。うん」

男「俺はすごく運がよかったんだって、思うよ」



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 18:06:20.18 ID:dCcAhzy00

女「運ねえ」

男「不満そうだな」

女「だって、嫌いだもの」

男「そう」

女「運ってなんでも解決してくれるから」

男「まあ、そうだけど」



94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 18:23:44.74 ID:dCcAhzy00

男「たまには、いいんじゃないか」

女「巡り合わせってやつ?」

男「あー、うん」

女「ハルさんも同じこと云ってたよ?」

男「それは、同じ人間に影響されたから・・・」

女「はい?」

男「いや、こっちの話」



97 1 2010/11/28(日) 19:01:04.31 ID:dCcAhzy00

女「もしも、わたしたちの家が向かい同士じゃなくても」

女「わたしたちなら、出会えてたと思うよ」

男「そう、かな」

女「そうだよ。多分、もっとドラマチックな出会いをしたね」

男「例えば?」

女「今日、この場所のような」

男「うん」

女「夕日を眺めるわたしに、もう暮れちゃったけど」

女「話しかけるの。男が。そこの美しい女性ってね」

男「ああ、そうだろうよ」




98 1 2010/11/28(日) 19:07:01.34 ID:dCcAhzy00

女「じゃあ、今日はもう帰ろ?ハルさん、あんなに縮んでるし」

男「ああ、ちょっと待って」

晴「頑張って」

男「ふう」

女「なに。早くしてよ。寒いから」



99 1 2010/11/28(日) 19:13:02.58 ID:dCcAhzy00

男「け、」

女「け?」

男「け、」

女「け?」

男「け、」

女「け?」

晴「早く云いなさいよ。はやく」



100 1 2010/11/28(日) 19:17:05.87 ID:dCcAhzy00

男「結婚して、ちょっ」

晴「あ、噛んだ」

男「結婚してけれ」

晴「また噛んだぞ」

女「はい?」

男「結婚・・・」



101 1 2010/11/28(日) 19:21:51.87 ID:dCcAhzy00

女「この箱って。ああ、指輪。へえ」

男「して、くれないか・・・」

女「ふうん」

男「・・・」

晴「私は一体、どんな顔をしてればいいのかしら」



102 1 2010/11/28(日) 19:26:38.76 ID:dCcAhzy00

女「ハルさん」

晴「はい?」

女「ハルさんでしょう。こんなものをあげたのは」

晴「は、はい」

女「こんな大切なものを易々と人にあげてはいけません」

晴「はい・・・」

女「ということで、これはお返しします」



103 1 2010/11/28(日) 19:33:08.67 ID:dCcAhzy00

女「それから男」

男「は、はっ」

女「あんなものを簡単にもらったらだめだよ。例え、ハルさんでもさ」

男「うん・・・」

女「それから返事のことだけど」



105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:09:06.09 ID:dCcAhzy00

女「わたし、今何歳か知ってる?」

男「あ、ああ」

女「わたしさ、16なんだ」

男「うん」

女「ちょっと、早いよね」



107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:13:55.71 ID:dCcAhzy00

女「別に世間体どうこうって話じゃなくて」

女「一応、高校だって通ってるしね」

女「まあ、学校やめて結婚するっていうのも、なかなか面白そうだけど」

女「でも、やっぱり早いよ」

女「もう少し、時間がほしい」



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:20:51.82 ID:dCcAhzy00

女「未来のことはわからなくて」

女「男がわたしのことを嫌いになる日も、来るかもしれない」

女「でもわたしは、自信あるから」

男「何の」

女「5年後でも、男のことを結婚したいくらい好きでいるって」

女「だからね、つまり・・・」



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:29:51.08 ID:dCcAhzy00

女「わたしと結婚するなんて、5年早い」

女「5年経ってから、出直して」

男「・・・」

晴「・・・」

男「なんか、うまくはぐらかされた気がする」

晴「ま、いいんじゃない」

おわり



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 21:16:36.26 ID:V3FpQnPi0

おつ


関連記事
Twitter はてなブックマークに追加
厳選おすすめ新着記事!
NEXT Entry
核兵器と女性器の違いを教えてください
Comment
    Comment form
     管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンタ


    現在の閲覧者数:
    トップ画提供
    感涙の極みで御座います。
    (つд⊂)

    9210様

    画像クリックでpixivに飛びます。
    おすすめ(゚∀゚)

    マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    最新ランキング
    ■ライトノベル■

    ■家電■

    ■テレビゲーム■

    ■フィギュア■


    CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。