FC2ブログ
メールフォーム全記事一覧twitterHOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト創作  »  兄「は?妹と違う部屋?何で?」 後編
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Head Line(*´∀`) <移転しましたお
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前編:兄「は?妹と違う部屋?何で?」


229 ◆ltZu.TKSh. 2010/11/03(水) 17:51:58.03 ID:ZNpfXvq70

    ∧∧ !
___(,,゚Д゚)__
|  〃( つ つ   |
|\ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
|  \^ ⌒   ⌒  \
\  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒.|
  \ |_______|

  -┼、\ ヽヽ  | -┼ ヽヽ __
  / |      |   |        ヽ
 ./  J      し αヽ     _ノ



233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:06:48.40 ID:UIHD+zSX0

>>229おはよ・・・

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 17:52:31.70 ID:qKACJgrV0

はやくしなさい


231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:01:59.43 ID:ZNpfXvq70

妹「その・・・今日くらい一緒の布団で寝ない?」

兄「」

妹「ダメ・・・かな?」

兄「」

妹「なんだか急に胸が苦しくなって・・・あはは、なんでだろうね?」

兄「あ、あうあ・・・」

妹「お兄ちゃん?何?」

兄「いいんじゃないかな、俺と一緒に、寝ても、妹が、一緒に寝てもいいんじゃないかな」

妹「う・・・うん。ありがとうお兄ちゃん」

兄「いいんじゃないかな、俺と一緒に、寝ても、妹が、一緒に寝てもいいんじゃないかな」



232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:04:23.37 ID:ZNpfXvq70

兄「落ち着け俺落ち着け俺母さんに一緒に寝るのだけは許さないって言われてたけど
  今回は妹から頼んで来たんだしょうがないよな避けられないよな妹は可愛いよな
  不可抗力だよな妹は可愛いよな俺は悪くないよな後妹可愛い」

妹「お兄ちゃん大丈夫・・・?何だかぶつぶつ言ってるみたいだけど
  私も片づけ手伝おうか?」

兄「・・・」

妹「お兄ちゃん?」

兄「大丈夫だ。大丈夫だ妹。治った。お兄ちゃんはいつも通りの妹のお兄ちゃんだぞ!」

妹「うん。大好きだよお兄ちゃん」

兄「知ってる。だから先に布団に入って待ってろ」

妹「うん」



237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:09:06.47 ID:ZNpfXvq70

兄「し!失礼する!」

妹「あはは、これお兄ちゃんの布団だよ~」

兄「そう言えばそうだな。妹、お兄ちゃんをからかうとは良い度胸だな・・・
  こちょこちょこちょこちょこちょ!」

妹「あはっ!あはは!くすぐったいよお兄ちゃん止めて~!お兄ちゃんが勝手に勘違いした
  んだよー」

兄「まだ反抗するか!こちょこちょー」

妹「あははっダメ~。私が悪かったからお兄ちゃんごめんなさいっ」

兄「ふっ、わかればいいんだよ。全く妹は全く可愛い妹は」

妹「はぁはぁ・・・ふふ」

兄「今度はどうした?」

妹「お兄ちゃんと」

妹「お兄ちゃんとこうやって一緒の布団で寝るのって本当に久しぶりだよね」



238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:13:56.65 ID:ZNpfXvq70

兄「・・・」

兄「そう言えば、そうだな」

妹「私が小さい頃は、今みたいに毎日こうやって枕を並べて寝てくれたのに
  いつの間にか別々の布団で寝るようになったんだよ」

兄「俺は今でも理由がなくても一緒に寝てやってもいいんだがな
  大いなる意志がそれを許さなかったんだ」

妹「大いなる意志かー。お兄ちゃんは難しい言葉を使うなー」

兄「大いなる意志は怒らせると怖いからな」

妹「そっかー」



242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:20:02.76 ID:ZNpfXvq70

兄「それにしても何だ妹。お前そんな言い方だと、今でも毎日お兄ちゃんと一緒の布団で眠  りたいみたいな言い方じゃないか?」

妹「・・・」

兄「まだ疑わしいが、お前の話じゃ今時の中一はほとんどの子が一人部屋みたいじゃないか
  お兄ちゃんと一緒に寝たいなんて恥ずかしいんじゃないのかー?」

妹「・・・」

兄「ど、どうした妹。急に黙って」

妹「・・・そうだね。私って恥ずかしい子なのかもしれないね」

兄「え・・・」

妹「昨日まではそうじゃなかったんだけど・・・」チラ

兄「な、なんだその流し目は!堕とすのか!?お兄ちゃんを堕とす気なのか!?
  妹の誘惑ごときに屈するお兄ちゃんでは・・・」

妹「今は毎日お兄ちゃんと一緒に寝たいって思っているかも」

兄「ぐふっ!」



244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:22:23.66 ID:Py5YdqtJ0

だれか俺に妹くれよ


247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:23:57.10 ID:UIHD+zSX0

>>244親に頼めよ


250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:26:50.74 ID:ZNpfXvq70

妹「お兄ちゃん・・・」

兄「そ・・・っ・・・そうか」

妹「うん・・・」

兄「いや・・・それは、うむ。そうかそうか。いや冗談のつもりだったんだけどな。はっは

っはっ」

妹「お兄ちゃんの言う通り恥ずかしいよね。中学生にもなってお兄ちゃんと一緒に寝たいだ

なんて・・・」

兄「いっいや!嘘だ!さっきのは嘘だ!全然恥ずかしくないぞ?普通だ普通
  俺から見ればお兄いちゃんがそれくらい大好きな妹なんて当たり前だぞ」

妹「あはは、お兄ちゃん慌て過ぎだよー」

兄「だってお前がそんな泣きそうな顔してるからっ」

妹「私泣きそうな顔してる?」

兄「・・・違うのか?」

妹「そっかー」



253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:31:41.66 ID:ZNpfXvq70

兄「こ、今度はどうした?正直今みたいな妹を見たのは初めてだ。
  いくらお前のことを頭のてっぺんから足のつま先まで、何でも
  知り尽くしているお兄ちゃんでも対応しきれないぞ」

妹「あはは、お兄ちゃんは私のことなら何でも知っているもんね」

兄「そうだぞ。お前のことは誰より近くで見てきたんだからな
  もちろん父さんや母さんよりもだぞ?」

妹「うん、知ってる。大好きだよお兄ちゃん」

兄「知ってるぞ!で、どうした?」

妹「私やっぱり寂しいのかもね。お兄ちゃん別々の部屋になっちゃうのが」

兄「・・・」

妹「私どうすればいいかなお兄ちゃん?」



254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:38:01.55 ID:ZNpfXvq70

兄「・・・」

妹「お兄ちゃん。ここまで話したけど私やっぱりお兄ちゃんと一緒の部屋」

兄「ダメだ。明日は部屋の掃除をするぞ。これは決定事項だ」

妹「・・・」

兄「お前のことは何でも知っていると言っただろう。俺にはわかっているんだぞ
  自分の部屋に友達呼びたいんだろ?部屋だって模様替えとか他にも一人で
  いろいろしたいことがあるんだろう?」

妹「あ・・・お兄ちゃんあの話聞いて・・・」

兄「だったら妹のしたいことしないとな。妹の喜びはお兄ちゃんの喜びでもあるんだからな
  お兄ちゃんの喜びを奪ってくれるなよ?」

妹「お兄ちゃん・・・」



256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:39:39.90 ID:bdy7Ka8d0

最初はキモイだけだった兄がなんかかっこよく見えてきた


257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:40:32.49 ID:ZNpfXvq70

妹「・・・」

妹「うん。わかったよお兄ちゃん」

兄「そうか・・・よし!今度こそ本当に寝るぞ。
  明日は朝から忙しくなるんだからな!」

妹「うん!」

兄「良い返事だ」

兄「じゃあお休みいもうt」

妹「お休みお兄ちゃん」チュッ

兄「」



258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:46:04.96 ID:ZNpfXvq70

母「あらーあらあらあらあらあら」

兄「おっ、お帰り母さん」

妹「お母さんお帰り。町内会ご苦労様」

兄「何が町内会だ。名前ばかりは大層な実際はただの日帰り旅行じゃないか」

妹「あはは」

母「この部屋あんたたちで掃除したの?」

妹「そうだよ。お兄ちゃん私のために本当に一生懸命手伝ってくれたんだよ
  高い所を掃除してくれたり、重い家具持ってくれたり」

母「はー、あんたがねー」

兄「何だその目は。可愛い妹を想ってのことだ、至極当然の行動だろう」



260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:48:37.64 ID:ZNpfXvq70

妹「よし、これで最後っと」

兄「妹・・・いつでもお兄ちゃんの部屋に遊びに来てもいいんだぞ?
  一緒にゲームしたり、一緒に宿題したり、一緒におやつ食べたり、
  一緒に寝たりしてもいいんだぞ」

母「それじゃ今までと一緒でしょうが」

妹「うん、絶対毎日お兄ちゃんの部屋に遊びに行くからね。待っててね」

兄「ああ・・・お兄ちゃんずっと待ってるからな
  お前の部屋のドアの前でずっと待っててやるからな」

母「妹、あんたまで大袈裟過ぎでしょ・・・引っ越すわけでも、ましてや2階から降りる
  わけでもないのに」

兄「何言ってるんだよ母さん!部屋が別々になるってことは俺にとって・・・じゃない
  妹にとって死活問題にも等しいに決まってるだろ!?
  何たってすぐ傍から俺がいないくなるんだぞ?」

母「それはあんたにとっての死活問題でしょうが。いい加減妹に色々と押し付けるの止めなさいよ」



262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:54:02.82 ID:0pSIP2jJ0

寝るシーンかと思ったらいつの間にか部屋の片付けが終わってた
な、何を言ってるのか(ry



263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:55:14.03 ID:ZNpfXvq70

妹「お母さん。私もお兄ちゃんと離れるの死活問題かも」

母「え・・・どうしたの妹?清々するでしょ」

兄「!」

兄「ほ、ほら見ろ母さん。妹は俺のことが大好きなんだよ!」

妹「うん。お兄ちゃん大好きだよ!」

兄「うおっ!なぜか今までの『大好き』と破壊力がまた桁違いのような・・・んん?」

母「あんた妹に何か脅迫でもしたんじゃないでしょうね?」

兄「そんなことするか!俺には妹のことは何でも解るんだよ!なんたって」

兄「俺は、妹が大好きなお兄ちゃんなんだからな!」

終わり



266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:57:17.76 ID:i2GpwDbGO

妹が、大好きなお兄ちゃん
妹が大好きな、お兄ちゃん

なるほど



268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 18:58:38.19 ID:dVAlswzhO

えっ


269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 19:00:48.43 ID:Py5YdqtJ0

あれ?


277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 19:10:14.74 ID:UhWXiJnK0

続きwkt・・・えっ?


280 モスマン 2010/11/03(水) 19:21:36.81 ID:YuuvjN1A0

父「一体どうなっているのだ?!」


285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/03(水) 19:39:31.45 ID:mj/DOF+50

とりあえず健気な妹のイメージを崩さなかった>>1にありがとう






管理人:正直勝手に引っ張ってすまなかった…。

と、思ったらまだ続く…のか!?
もしまとめれたら続き掲載させていただきたいと思います。




俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)伏見 つかさ かんざき ひろ

おすすめ平均
stars妹いる身としては。
stars私をラノベに復帰させた一作
stars自分的には面白かった
stars3巻まで堪えろ!
stars久々に面白いラノベ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
Twitter はてなブックマークに追加
厳選おすすめ新着記事!
NEXT Entry
ポケモンの技で需要のないもの
Comment
    Comment form
     管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンタ


    現在の閲覧者数:
    トップ画提供
    感涙の極みで御座います。
    (つд⊂)

    9210様

    画像クリックでpixivに飛びます。
    おすすめ(゚∀゚)

    マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    最新ランキング
    ■ライトノベル■

    ■家電■

    ■テレビゲーム■

    ■フィギュア■


    CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。